投稿

2月, 2018の投稿を表示しています

【AE】特定のエフェクトを使うとレンダリングが遅くなる!?

前のブログで書いた記事をブラッシュアップして再掲載します✌('ω')


レンダリングが遅くなるかはさておき、AfterEffects CC2014以前のバージョンの環境設定には「複数のフレームを同時にレンダリング」という項目があります。
コア数が多いCPUや、メモリの容量を確保できているPCであれば、レンダリング時のスピードアップが望めます。(マシン構成やプロジェクトの構造によってスピードダウンする事もあります)

そんなマルチスレッドレンダリング機能ですが、これを一時的に無効にしてしまうエフェクトがあったので、まとめました。


今回の記事は少し長くなるので、概要だけ先に。
 1.このエフェクトに関しては、Adobe公式にアナウンスされています。
 2.公式にアナウンスされていないエフェクト・プラグインもありました。



まずはAdobeが公式に「複数のフレームを同時にレンダリング(以下マルチフレームレンダリングと呼びます)が無効になります」とアナウンスしているエフェクトについて。

After Effects が「複数のフレームを同時にレンダリング」によるマルチプロセスを一時的に無効にする場合 
公式には、標準エフェクト
自動カラー補正
 自動コントラスト
 自動レベル補正
 パーティクルプレイグラウンド
 シャドウ・ハイライト

そしてエフェクトではありませんが、レイトレース 3D
が該当します。そして
CC Time Blend や RE:Vision Effects Video Gogh などの一部のサードパーティ製エフェクトも「複数のフレームを同時にレンダリング」マルチプロセス機能と互換性がありません。 一部のサードパーティ製のプラグインも一部該当するようです。
僕の環境で上記の内容が本当か、片っ端からエフェクトをかけて検証してみました。 上記の他に標準エフェクトで当てはまるのは
カートゥーン
で、僕の環境に入っているサードパーティプラグインだと
 Trapcode Mir
 Live2D Loader
 Primatte Keyer

が該当しました。


?「Mirとか別にええやろ?軽いし」
違うんです。単品では軽いエフェクトではありますが、
これはMirを適用しているレイヤーがあると、レンダリングしているコンポジション全体がシングルスレッドレンダリングしかできなくなるという事なので、使用す…

自己紹介✌('ω')

初めまして。トニー太田です!
このブログの初めての記事なので、まずは自己紹介だゾ

エアコン業者、電気工事士を経て、現在は動画/映像の制作と、AfterEffectsなどの講習をしています。

趣味はゲーム・アニメ、Twitter、AEのパフォーマンス検証、あとはPC作業の効率化を進める事くらいかな・・・。
あと天才的なギャグを発信してフォロワーを笑顔にする活動もしています。

このブログでは技術的な事も、趣味の話も書いていくので、割とゴチャるかもしれませんが、ラベル付けて検索性は高くするので許してください✌('ω')