投稿

3月, 2018の投稿を表示しています

【AE】レンダリングでベンチマーク!

イメージ
今日はAfterEffectsの研究記事になります。
前のブログで書いた記事をブラッシュアップして再掲載します✌('ω')


今回の記事の概要です。
 1.構成の違うマシンで、どのくらい処理速度に差が出るかの実験を行いました。
 2.複数フレーム同時レンダリングが有効になるか無効になるかでスピードが変化し、後述のベンチマーク用AEPだとスピードがCore i7だと2倍程度、Xeonだと6~7倍程度に変わりました。





先日の記事の結果に関連して、複数フレーム同時レンダリングがオンになっているか、オフになっているかで、どれほどパフォーマンスに差が出るかを調査しました。

今回使用するベンチマーク用AEPは、AfterEffectsのベンチマークとしてよく使用されている「AE-Speedometer」を使用させていただきました。 AE-Speedometer

ただし、このaepではコンポジション内にパーティクル・プレイグラウンドが使用されているため、先日の記事の通り、マルチフレームレンダリングが強制的にオフになります。
 ※これに関しては、先日執筆した記事で触れていますので、併せてお読み下さい✌('ω')
【AE】特定のエフェクトを使うとレンダリングが遅くなる!?



このaepを使用したベンチマーク結果を公開してくださっている先人様の記事では、このエフェクトによるマルチフレームレンダリングがオフになっている事を知らずに結果がほぼ変わらないという結論を出されているところが多いですが、実際はこのエフェクトを除外しなければマルチフレームレンダリングがうまくいきません。
パーティクルプレイグラウンドを消すと明らかにレンダリング中の挙動が変化し、レンダリング時間に大きな差が生まれます。
ただし、消すだけだと、 「マルチフレームレンダリングが有効になった恩恵ではなく、パーティクルプレイグラウンドを処理していない分だけ軽くなったのではないか」 という見方もできますので、以下の条件でレンダリングを行いました。

実際に複数のマシンでレンダリング時間を計測しました。
 1.AEP編集せず、そのままレンダリング   (パーティクルプレイグラウンド有りで強制シングルフレームレンダリング)

 2.パーティクルプレイグラウンドのレイヤーを消し、シングルフレームレンダリング

 3.パーティクルプレ…

ジャッキー・チェン三昧の一日でした

イメージ
今日はお休みだったので、ゆっくりさせていただきました!
午前中に病院、午後は昼寝からの料理からの映画3本鑑賞!

アマゾンプライムは最高ですね・・・。
今日鑑賞したのはこの3本!



ジャッキー・チェン三昧でした笑
ラッシュアワーは観たことあったんですが、ベストキッドは未視聴でした。すごい良かった・・・。

師匠はスゴイ!だけで終わらない、師匠の人間的な部分もしっかり描写されているストーリーで、この大会が終わった後のストーリーもすごく気になります・・・。

とてもリフレッシュできたので、明日からもがんばろう!✌('ω')

機種変更しました!HUAWEI Mate10 Pro!

イメージ
結論から言って最高 こんにちは、トニー太田です。

今回購入したのはHUAWEI Mate10 Pro!
HUAWEIのハイエンドモデルです。

HUAWEIのスマホは、以前Google Nexus6Pを使っていたので質の高さは期待していましたが、期待通りでした・・・!


僕が使った限りでは 弱点がありません

といっても良さが全然伝わらないので、気に入っている部分を・・・。
まず個人的に一番気に入っているのは、スピーカーの音質!
とりあえず同じ音源を同じプレイヤーで2曲流してみました。

黒い方がHUAWEI Mate10 Pro
白い方がASUS ZenFone4 です。

撮影機材 iPad Pro 9.7 再生楽曲:大江戸ジュリアナイト
撮影機材 Galaxy S4 再生楽曲:コンピューターおばあちゃん(茶太)
うーん、撮影機材が良くないのか、想像以上にわかりにくい・・・w
これ実機で聞き比べると鳥肌が立つくらい違います。圧倒的にMate10 Proに軍配が上がります。
画面も広いので、特に動画を見る時がすさまじいですね・・・。

そのほかにもディスプレイの画質、カメラの画質、処理速度など、どれを取ってもMate10 Proに軍配が上がります。金額が2万円くらい違うとはいうものの、ここまでの差があるのは驚愕です。2万円でこの差なら絶対Mate10です。

ASUSはスペック表で表記されない部分でコストダウンしてる印象があります。電話アンテナも弱く、マイクも質が低かったです。
ディスプレイは有機ELらしいですが質が低く、カメラもコントラストが強く出てしまい黒つぶれ・白飛びが激しい撮影になってしまっていました。
その前にHUAWEI Nexus 6Pを使っていた事もあり、ZenFoneを使い始めた当初は本当に残念な気持ちになりました。

僕は
ASUS製スマホは ZenFone Zoom S、ZenFone 4
HUAWEI製スマホは Nexus 6P、Mate10 Pro
を使いましたが、ZenFone Zoom Sのモンスターバッテリーを除いて、完全にHUAWEIに軍配が上がる結果となりました。

僕は動画を作るお仕事なので、制作物をさっと見せられるよう動画をスマホに入れているんですが、これから印象が良くなるかもしれません。

今回はハードウェアのスペック的な部分ばかりお伝えし…

バーチャルYoutuber輝夜月の動画EDを制作しました!

イメージ
皆さん、バーチャルYoutuberって聞いた事ありますか?
3DモデルやLive2Dなどを使用したYoutuberで、最近めちゃくちゃ盛り上がっているジャンルです。

その中でも最近アツいのが輝夜月(かぐやるな)で、2017年12月9日に最初の動画をアップしたという後発組でありながら、めちゃくちゃおもしろい動画を連発し、すでにチャンネル登録者数53万人超え(2018年3月4日現在)その数、なんとバーチャルYoutuberでは第一位キズナアイに続いて、第二位




僕も年末、まだ動画が3本しか上がってないタイミングで彼女を知り、大ファンになりました。可愛すぎる声と、その激しい立ち振舞いのギャップは本当に最高なんですよね・・・。

そんな輝夜月の動画ED部分を制作させていただきました!
本日アップされた動画で使われていますので、よかったら見てください٩( 'ω' )و




まだ輝夜月を知らない人は最初の動画から見た方がいいと思うので、こちらからどうぞ!!✌('ω')





いやー、今回制作させていただいてとても楽しかったです。
実は前職で、コミックの宣伝ムービーやゲームのOPなども制作していたので、こういう似たテイストの短編ムービー作るのめちゃくちゃおもしろいですw

バーチャルYoutuberさん、オープニングでもエンディングでも動くLINEスタンプでも作りますのでお仕事ください✌('ω')

ご依頼はこちらから!↓
映像制作SkyVox
https://skyvox.jp/

初めてのテレビCM制作!

イメージ
新しい事をやると驚きが多いですね!トニー太田です。

今回、初めてテレビCMの制作を担当させていただいたんですが、いつも制作させていただいている、WEB動画やDVDなどと大きく違っていてびっくりしました!

動画の前にカラーバーや特定周波数の音声を入れるなど、決まりが多いんですね・・・。



これらのフォーマットに落とし込む作業を「一本化」と言うみたいです。
色々と教えていただきながらお仕事させていただきましたが、テレビは大変ですね。
この一本化の仕様って、局によって違うのかなぁ・・・?

あと、倫理上のルールなどが多く、例えば
「生理用品のCMにはBGMを入れてはいけない」
など、簡単には想像できないようなルールもあるみたいです。

ちなみにこれは、TPOの分からない小さな子供がどこでもBGMを口ずさまないよう、という配慮らしいですが、言われないと分からないですよね~。
ルールに関してはルールのプロに任せないと危なそうです。

今回は実際に制作をさせていただいて、めちゃくちゃ勉強になりました。
今後も、テレビCMは慎重に制作させていただこうと思います✌('ω')